GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセは1865年6月19日にテキサスで発令された黒人奴隷解放宣言を記念する記念日となっている6月19日、ジューンティーンスにサプライズのニュー・シングル“Black Parade”を発表している。

“Black Parade”はジェイ・Zとの共作で、これまでもコラボレーションしてきたデレク・ディキシー、カソ、ケイダンスも参加している。ビヨンセは南部の誇りと女性であることについて歌っている。

ビヨンセは楽曲の発表に先立って黒人のビジネスを支援する同名の活動も始めている。

「ジューンティーンスの週末よ、おめでとう。闘いの最中だとしても喜びを分け合って、お互いを祝うことを続けられたらと思う」と彼女はインスタグラムで述べている。

「私たちの美しさと強さと力を忘れないでいてほしい」

ブラック・パレードのサイトはビヨンセのチャリティ団体であるビーグッドによって運営され、黒人のビジネスを支援するものとなっている。“Black Parade”の収益はすべてビーグッドに寄付される。

ビヨンセはジョージ・フロイドとブリオナ・テイラーの死を受けて公開書簡やメッセージ動画を公開しており、レディー・ガガによる「ワン・ワールド:トゥギャザー・アット・ホーム」では新型コロナウイルスの感染者が黒人が多いことに言及していた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ