GETTY

Photo: GETTY

アラニス・モリセットは『ジャグド・リトル・ピル』の25周年ツアーの振替日程、ならびにアルバムのデラックス・エディション、そして1997年収録のライヴ映像配信の詳細を発表している。

他のミュージシャンと同様、アラニス・モリセットは新型コロナウイルスのパンデミックによってツアーの延期を余儀なくされていた。今回、『ジャグド・リトル・ピル』の25周年ツアーについて北米公演の振替日程が発表されている。

北米ツアーは2021年6月から9月にわたって行われ、サポート・アクトはガービッジとリズ・フェアーが務める。元々の日程のチケットは有効となる。UK公演、ヨーロッパ公演、オーストラリア公演は2020年9月23日から11月21日に行われる予定となっており、延期は現時点で発表されていない。

『ジャグド・リトル・ピル』のデラックス・エディションは6月26日にリリースされる予定で、2020年3月にロンドンのシェパーズ・ブッシュで行われたアコースティック・ライヴの模様が収録される。

シェパーズ・ブッシュ公演からは“Ironic”の音源が公開されている。

加えて『ジャグド・リトル・ピル』からの5本のミュージック・ビデオは全部4Kでリマスターされて、6月26日から7月2日にわたってアラニス・モリセットのYouTubeチャンネルで公開される。

日程は6月26日が“Ironic”、6月29日が“You Oughta Know”、6月30日が“Hand In My Pocket”、7月1日が“You Learn”、7月2日が“Head Over Feet”となっている。

また、アラニス・モリセットは1997年に行われた『ジャグド・リトル・ピル』公演が配信されることも決定している。配信は日本時間6月29日午前1時30分から行われる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ