GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドは「レディオヘッド・フラグメンタリー・タイム・ウェスター」と題した自身のジグソーパズルの販売を開始している。

1000ピースのジグソーパズルは2004年にリリースされたコンピレーションEP『コム・ラグ:2+2=5』のアートワークを完成させるものとなっている。

ジグソーパズルの宣伝文句では次のように述べられている。「退屈? やることがない? うんざり? テレビに観るものもない。もう無理! 何をする? ジグソーパズルはどうかな」

「何それ、もっと聞かせて。レディオヘッドのジグソーパズルだよ。たくさんのピースがあるの? そう1000ピース。難しくて時間がかかる? そう思うよ。いい響きだね。手頃な値段? 君の懐具合によるかな。完成させても、まだ退屈な可能性はある? ああ、多分ね。実に最高だね」

ジグソーパズルの箱には簡単な説明が書かれている。「小さな1000ピースを丁寧に正しい方法で並べてください。そうすれば、絵の全体像が現れます」

「簡単じゃないと言えば簡単じゃないし、簡単と言えば簡単です」

ジグソーパズルは予約が受け付けられており、100%リサイクル素材でインクには水性インクが使われており、ピースはコットン製のバッグに入れられている。価格は29.99ポンド(約4000円)となっている。

ジグソーパズルは8月24日に発送予定となっている。

レディオヘッドのギタリストであるエド・オブライエンはバンドがニュー・アルバムを作るために再び集まることは「必ずある」と語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ