Adele

Photo: Adele

アデルは72人が亡くなったロンドンのグレンフェル・タワー火災から3年を迎えたことを踏まえて犠牲者に追悼の意を表している。

6月14日にインスタグラムでアデルは次のように述べている。「今日の日曜日でグレンフェル・タワー火災から3年となる。72人の命は我々の心の中に永遠にあるわ」

「私と一緒に18時からYouTubeの生配信に参加して、私たちが変化と正義のためになお団結していることを示して。更なる情報についてはグレンフェル・ユナイテッドをフォローして」

グレンフェル・タワー火災の翌日、アデルは犠牲者とその家族を慰めるために現場を訪れている。アデルは地元消防局に「紅茶とお菓子」を振る舞ったほか、グレンフェル・タワーに住んでいた子供たちに『怪盗グルーのミニオン大脱走』のプライベートな上映会を開催している。

先日、アデルは亡くなったジョージ・フロイドの写真と共にメッセージを投稿している。

46歳のジョージ・フロイドは警察との抗争の中で5月25日にミネアポリスで亡くなっている。アフリカン・アメリカ人であるジョージ・フロイドは逮捕される際に白人警察官によって首に膝を押し付けられて亡くなっている。警官のデレク・ショーヴァンは解雇されて、過失致死の第3級殺人で逮捕されている。

アデルはインスタグラムで「ブラック・ライヴス・マター」のハッシュタグをつけてたジョージ・フロイドの写真を投稿しており、キャプションで次のように述べている。「他の数え切れないものとは違って、ジョージ・フロイドの死は世界に衝撃を与えることになった。抗議とマーチが世界各地で同時多発的に行われ、その機運は高まっている。当然怒るべきだけど、力を合わせなきゃいけない。耳を傾け続け、問い続け、学び続けるの」

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ