PRESS

Photo: PRESS

R.E.M.のマイケル・スタイプとザ・ナショナルのアーロン・デスナーはコラボレーションによるシングル“No Time For Love Like Now”のスタジオ・バージョンが公開されている。

この曲についてはマイケル・スタイプが自宅で披露するデモ音源が今年3月に公開されていたが、スタジオ・バージョンがアーロン・デスナーによるビッグ・レッド・マシーン名義で公開されている。

「アーロン・デスナーと一緒に仕事ができてものすごく嬉しかったよ」とマイケル・スタイプはこのコラボレーションについて語っている。「曲と歌詞がどのように着地するのかワクワクしているんだ。タイトルがすべてを物語っているよ」

“No Time For Love Like Now”の音源はこちらから。

アーロン・デスナーは次のように続けている。「マイケル・スタイプは僕(やザ・ナショナル)にとって偉大なヒーローであり、友人なんだ。一緒に曲を書くなんて最もワクワクする夢で想像もしたことなかったよ」

曲はアーロン・デスナーによるプロデュースで、オーケストレーションは双子の兄弟であるブライス・デスナーが手掛けており、歌詞はマイケル・スタイプによるものとなっている。

ビッグ・レッド・マシーンは2008年にボン・イヴェールとのコラボレーションとして始まったが、今では様々なアーティストとコラボレーションを行っている。

マイケル・スタイプは昨年10月に“Your Capricious Soul”をリリースしているほか、今年に入って“Drive to the Ocean”をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ