Still / Tom Dream

Photo: Still / Tom Dream

アーロ・パークスはショート・フィルムのためにカヴァーしたレディオヘッドの“Creep”が公開されている。

ロンドン南西部の出身であるアーロ・パークスは新たなプロジェクト『シャイ・ラディカルズ』のためにレディオヘッドの名曲をカヴァーしている。トム・ドリームが監督したこのショート・フィルムは作家でアーティストで活動家のハンジャ・アーサンを追ったものとなっている。

『シャイ・ラディカルズ』のためにレディオヘッドの“Creep”を選んだ理由についてアーロ・パークスは次のように語っている。「“Creep”は内なる不安と人間関係についてデリケートでありながら残酷に掘り下げているでしょ。長年、この曲は内省して気分が落ち込んでいる時の避難所みたいになっていたの。レディオヘッドは私の音楽にすごく影響を与えているわ」

“Creep”のカヴァーはこちらから。

『シャイ・ラディカルズ』は9月より世界各地の映画祭で上映される。

アーロ・パークスは4月にもメンタル・ヘルスの問題に取り組む団体CALMのための生配信でも“Creep”をカヴァーしていた。アーロ・パークスはCALMのアンバサダーを務めている。

アーロ・パークスは5月にシングル“Black Dog”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ