PRESS

Photo: PRESS

ビッフィ・クライロは来たる新作より“Tiny Indoor Fireworks”のミュージック・ビデオが公開されている。

ビッフィ・クライロは通算8作目となるニュー・アルバム『ア・セレブレーション・オブ・エンディングス』が8月14日にリリースされることが決定している。

“Tiny Indoor Fireworks”のミュージック・ビデオはこちらから。

「アルバム全体がバンドや社会的存在としての自分たちを物語るものとなっているんだ」とフロントマンのサイモン・ニールは新作について『NME』に語っている。「いいものからも悪いものからも醜いものからも、僕らは学んでいかなきゃならない。僕らは全員にとってよりよき世界を作ることができるんだからね。サウンドは感傷的だけど、その中にはパワーがある。この世界には素晴らしい人々がいる。アルバムには“The Champ”という曲があるんだけど、それでは『グレーな人々の呪い』について取り上げている。まとまな人はやかましく言わないわけでね。空っぽな人々が最もやかましいわけでね。どんな状況でも実際に進んでいることが反映されないんだ」

「通常、自分が書くのはすごくパーソナルなものなんだけど、今の日々や時代というのは常に何かがあって、僕らの生活のあらゆる側面に浸透してくる物事に影響されないことが重要だと思ったんだ」

先日、ビッフィ・クライロは新型コロナウイルスに対処している国民保険サービスの職員とボランティアへの寄付を募るために新たなマーチャンダイズを発売している。

マーチャンダイズの収益は100%、新型コロナウイルスのパンデミックの中で前線で働く人々を支援するNHSチャリティーズ・トゥギャザーに送られる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ