GETTY

Photo: GETTY

トゥー・ドア・シネマ・クラブは『ロスト・ソングス(ファウンド)』と題されたレア曲集をサプライズでリリースしている。

トゥー・ドア・シネマ・クラブはソーシャル・メディアでリリースを予告していたものの、ほぼ情報がない状態で本作はリリースされている。

レア曲集のストリーミングはこちらから。

7曲には2010年発表のデビュー・アルバム『ツーリスト・ヒストリー』期のBサイド曲が収録されているが、“Something Good Can Work”のオリジナル・デモや2011年のライヴでよく演奏されていた“Hands Off My Cash, Monty”の初のスタジオ・バージョンも収録されている。

また、他の曲は更に古いもので、“Tiptoes”、“Not In This Town”、“Too Much Coffee”は2008年にUKの小会場で行われたライヴで一度だけ演奏されている。“Too Much Coffee”をヨークのスピークイージーで演奏した様子はYouTubeにもアップされている。

“Impatience Is A Virtue”と“19”はライヴで演奏されたことはないが、“Impatience Is A Virtue”については『ツーリスト・ヒストリー』のリリース時から非公式バージョンがYouTubeで出回っていた。

先月、トゥー・ドア・シネマ・クラブはチャリティのためにジョン・レノンの“Isolation”のカヴァーをリリースしており、これは新型コロナウイルスによるロックダウン下で自宅スタジオでレコーディングされたもので、収益はチャリティ団体「エクスターン」に寄付される。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ