PRESS

Photo: PRESS

ソニック・ブームは30年ぶりとなるニュー・アルバムより“Tawkin Tekno”のミュージック・ビデオが公開されている。

1990年発表の『スペクトラム』以来となるフル・アルバム『オール・シングス・ビーイング・イークアル』は本日6月5日にカーパーク・レコーズよりリリースされている。

“Tawkin Tekno”のミュージック・ビデオはこちらから。

ソニック・ブームことピーター・ケンバーは2018年にノー・ジョイとのコラボレーションEPがリリースされているほか、MGMTの2010年発表のアルバム『コングラチュレーションズ』、ビーチ・ハウスの2018年発表のアルバム『7』などを手掛けてきたが、ソニック・ブームでのアルバムは1990年以来となる。

ソニック・ブームはこうしたコラボレーションが新作に与えた影響について次のように語っている。「一緒に仕事をしたすべての人から学ばせてもらってね。学んだことをこのアルバムに持ち込みたいと思ったんだ。みんな、音楽について違った風に考え、違った風に聴いているんだよ」

新作のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ