GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのドラマーであるジェイ・ワインバーグはジョージ・フロイドの死を受けて「真の変化を実現するために自分たちの声を使おう」とファンに呼びかけている。

ジョージ・フロイドは現地時間5月25日にミネアポリスで警官による拘束で亡くなっており、エンタテインメント界からは多くの有名人が声を上げている。

「黒人の生命は大切なものだ。構造的な人種差別が存在している。白人の特権というのは事実なんだ」とジェイ・ワインバーグはツイートしている。「何世紀もアメリカの黒人がずっと耐えてきた迫害と偏見を目撃して今もなお胸が痛むよ」

「警察の残虐行為や構造的な人種差別の加害者に対して声を上げて、白人が特権の中で経験しているのと同じ自由を享受できなかった人々の味方になる時なんだ」

ジェイ・ワインバーグは次のように続けている。「真の変化を実現するために自分たちの声を使えることを願っているよ。真の平等や自由、一体感のために闘うことに自分たちの時間やエネルギー、寄付、共感などを提供できるはずだからね」

ジョージ・フロイドの死を巡ってトラヴィス・スコットは「俺たちが感じている怒りは個人的な体験に繋がるものなんだ」と語っているほか、ジェイ・Zは「自分は胸を痛めている人間で、父親で、黒人なんだ。僕だけじゃないはずだよ」と述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ