GETTY

Photo: GETTY

ハッカー集団のアノニマスはシカゴ警察署のラジオをハッキングしてN.W.A.の“Fuck Tha Police”をオンエアしたという。

先週、ミネアポリスでジョージ・フロイドが殺害されたことを受けて世界規模で抗議活動が行われる中でアノニマスは5月30日にソーシャル・メディアで戻ってくることを予告していた。

ミネアポリス警察署とシカゴ警察署を標的とする意図についてアノニマスは次のようにツイートしている。「私たちは数世代にわたって続いてきた腐敗した人種差別主義のシステムやアメリカの寡頭制と戦う抗議者や革命家たちを共感をもって支持します」

彼らは次のように続けている。「警察が自制せずに記者に発泡し、抗議者や殴る蹴るなど暴力に訴えたら、人々に自制を求めることが期待できますでしょうか? 人民が残虐行為をされ、殺害されたのです」

その後、オンラインにはシカゴ警察署の周波数がN.W.A.の“Fuck Tha Police”によって乗っ取られる映像が公開されている。

46歳のジョージ・フロイドは警察との抗争の中で5月25日にミネアポリスで亡くなっている。アフリカン・アメリカ人であるジョージ・フロイドは逮捕される際に白人警察官によって首に膝を押し付けられて亡くなっている。警官のデレク・ショーヴァンは解雇されて、過失致死の第3級殺人で逮捕されている。

ジョージ・フロイドの事件を巡っては多くのミュージシャンがブラック・ライヴス・マターを支持することを表明しており、ビリー・アイリッシュ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガらも見解を示している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ