GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのベーシストであるダフ・マッケイガンは黒人男性のジョージ・フロイドが白人の警官に殺害された事件を受けて見解を表明している。

46歳のジョージ・フロイドは警察との抗争の中で5月25日にミネアポリスで亡くなっている。アフリカン・アメリカ人であるジョージ・フロイドは逮捕される際に白人警察官によって首に膝を押し付けられて亡くなっている。警官のデレク・ショーヴァンは解雇されて、過失致死の第3級殺人で逮捕されている。

ダフ・マッケイガンは黒い拳の画像をインスタグラムに投稿して、次のように述べている。「警官の黒人に対する差別は止めなければいけない……このことはずっと分かっていた。まだこんなことが続いていると聞いて、愕然としてうんざりしている」

「自分は黒人の男性じゃないから、どんな感じかを分かっているふりはできない……だけど、それ以上に白人の人種差別主義者の愚か者がどんな感じなのかは理解できないよ。分からないし、分かることもない。ありがたいことに違う形で育ったんだ」

「警官の審査と育成は新人にしても既に務めている人も大幅に変えなくちゃいけない。まずは、みんなに平穏があることを」

ジョージ・フロイドの事件を巡っては多くのミュージシャンがブラック・ライヴス・マターを支持することを表明しており、ビリー・アイリッシュ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガらも見解を示している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ