GETTY

Photo: GETTY

ホールジーはロサンゼルスでジョージ・フロイドを巡る抗議運動に参加した時のことをソーシャル・メディアで投稿し、ゴムの弾丸で撃たれたことを明かしている。

ホールジーは現地時間5月30日にヤングブラッドとブラック・ライヴス・マターの集会に参加したとのことで、警察と遭遇した抗議運動を生中継していた。ソーシャル・メディアで彼女は他の人たちとは違って自分は逮捕されず、安全であることを明かしている。

「(警察は)ゴムの弾丸を私たちに撃ってきたわ。私たちは線を越えてないし、手も挙げていたし、動かなかった。けど、彼らはガスを使って、撃ってきたの」とホールジーは抗争の写真と共に投稿している。

『ステレオガム』によれば「幾層もの布を通して私に当たったわ。私はすごく幸運だった。もっと近い距離だったら、深刻な怪我になっていたわ」とホールジーは既に期限の切れてしまったインスタグラムのストーリーで述べていたという。

「彼らはデモの穏やかな時にもかかわらず人々の顔に向かって撃ってきたの。『関わらないほうがいい』という私のフォロワーにしても、法を犯していないのに傷を負ったことは怒るだろうし、私たちの側に立つでしょ。だって、私の傷なんかより黒人の人々に毎日起きていることのほうがずっとひどいんだから。だから、参加してほしいし、示してほしい。寄付をしたり、リンクをシェアしたり、何かをして」

ホールジーはブラック・ライヴス・マターを支援する団体のリストも作っており、寄付するよう呼びかけている。ホールジーは最初の動きとして10万ドルを寄付している。

ホールジーは現地時間5月28日にインスタグラムへの投稿でジョージ・フロイドの写真と共にゴ―ファンドミ―のリンクを投稿しており、次のように述べていた。「この手のニュースに関わらないでいい特権がある友人や家族がいるのなら、そんな特権は手放して」

また、ホールジーは沈黙を貫く有名人も批判しており。「ブランドが重要だから、彼らは人種差別主義者の金を懐に入れたいのよ」とツイートしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ