PRESS/YOUTUBE

Photo: PRESS/YOUTUBE

アデルは、今の2組のお気に入りアーティストとして、チャーチズとグライムスを挙げる一方で、彼女にとっての史上最高の音楽的ヒーローとして、ジェフ・バックリィを引き合いに出している。

11月16日にシリウスXMラジオの「タウン・ホール」のインタビューで、アデルはファンからの質問に答え、そこには、空いている時間にどんな音楽を聴きたいかを知りたがっているファンからの質問も含まれていた。

「チャーチズがとても好きよ」と、アデルは話し、次のように付け加えている。「グライムスも大好き。私は、気持ちを少し上げてくれつつも、そこまで共感出来ないような音楽を聴くようにしているの」

この考えから発展し、彼女は以下のように続けている。「私にとっての音楽とは、つながりがすべてなの。だから、私は主にジェフ・バックリィを聴くわ。これまでの人生、ずっとそんな感じだった。7歳の時に親友と喧嘩した時も、ジェフ・バックリィを聴いていたのを覚えているわ。母がファンだったから、(1994年にリリースされたジェフ・バックリィのアルバム)『グレース』は常に私のそばにあったわ」

その後のインタビューで、アデルは、身体的イメージについて次のように話している。「確かに、身体的イメージに関する問題はあるけど、それに私の人生を台無しにされるつもりはまったくないし、世界では、私が自分についてどう思うかどうかなんてことよりも、もっと大きな問題が起きているわ。自分はたった一人しかいないというのに、他の人と同じように見えたいの? 他の人と同じような髪型をして、他の人と同じ意見を持ちたいわけ?」

2011年発表の『21』以来となる待望のニュー・アルバム『25』は、金曜日(11月20日)にリリースされる。

リード・シングル“Hello”は既に公開されており、最近、アメリカで1週間あたりのダウンロードが100万回を突破した初めての楽曲になっている。また、今週アデルは、新曲“When We Were Young”(トバイアス・ジェッソ・Jr.と共作)びスタジオ・ライヴ映像を公開している。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:Adele(アデル)
タイトル:25(25)
レーベル:XL / Hostess
発売日:2015/11/20(金)(世界同時発売)
品番:BGJ-5252
定価:2,490円(税込)+税
※日本盤はボーナストラック3曲、歌詞対訳付(予定)
1. Hello
2. Send My Love (To Your New Lover)
3. I Miss You
4. When We Were Young
5. Remedy
6. Water Under The Bridge
7. River Lea
8. Love In The Dark
9. Million Years Ago
10. All I Ask
11. Sweetest Devotion
12. Can’t Let Go ※
13. Lay Me Down ※
14. Why Do You Love Me ※

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ