GETTY

Photo: GETTY

ロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーのかつてのバンドであるビーディ・アイについて「そんなに良くはなかった」と語り、リアム・ギャラガーとの確執を再燃させている。

リアム・ギャラガーとロビー・ウィリアムスは1990年代に一時的に友人関係にあったものの、2000年に開催されたブリット・アウォーズでロビー・ウィリアムスがリアム・ギャラガーを揶揄するなど、一連の口論を繰り広げていることで知られている。

今回、ロビー・ウィリアムスはクリス・スロールによるポッド・キャスト「ボウト・ザ・Tシャツ」に出演してビーディ・アイについてコメントしており、リアム・ギャラガーについて世界規模ではさほど有名ではないとも示唆している。

「アメリカでも大物なんていうのは事実ではなくてね。うまくやっただけなんだよ」とロビー・ウィリアムスは語り、次のように続けている。「リアムは世界で最もビッグなスターの1人なんかじゃないからね」

彼はさらに次のように語っている。「リアムはビーディ・アイをやったけど、正直に言うなら、曲はそんなに良くはなかったよね。シンプルなことだよ。全体のアイディアやコンセプトがそんなに良くなかったんだ」

ロビー・ウィリアムスはオアシスが海外ではUKほど成功を収めていないと主張している。「セレブリティについてUKでの輝きを見て『こんなことになっているなら、世界でもそうなっているに違いないわ』なんて考えるんだけど、UK以外ではそんなことにはなってないんだ。オアシスだってアメリカではそこそこのキャリアで、そんなに大きなものではなかったんだよ」

ロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーへの賛辞も寄せており、次のように述べている。「言い合っているのは分かっているけど、リアムはその後ソロとしてのキャリアがあるわけでね。人々が望んでいたキャリアだと思っているよ」

「適切なソングライターと仕事として曲を作っていて、それで生まれたヴァースやコーラス、ミドルエイトは非常にいいよね。素晴らしい歌詞を書いて、素晴らしいメロディーを歌い、彼はある世代の声そのものなんだよ」

今年3月、ロビー・ウィリアムスは新型コロナウイルスによるパンデミックで自己隔離が行われる中でリアム・ギャラガーについて「クソ野郎」と語っていた。

『ザ・サン』紙に対してロビー・ウィリアムスは次のように語っている。「リアムについて言えることは、彼は素晴らしいということだよ。彼は素晴らしいシンガーであり、正真正銘のロックンローラーだからね。彼がいることで世界はよりよくなっているわけだからね。彼はアイコニックだよ」

「アートとクソ野郎のことは分けて考えなきゃいけないこともあるわけでね。俺はそうやって考えられるしさ」

また、ロビー・ウィリアムスはオンラインでのチャリティ・ライヴのためにテイク・ザットのメンバーと現地時間5月29日にパフォーマンスを行うことが決定している。

ロビー・ウィリアムスはゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン、ハワード・ドナルドと共にノードフ・ロビンズとクルー・ネイションのための資金を募る一夜限りのパフォーマンスを行うことが決定している。

配信は日本時間5月30日午前4時より以下のYouTubeチャンネルで行われる。

https://www.youtube.com/user/CompareTheMeerkat

ロビー・ウィリアムスはソロ・キャリアに乗り出すために1995年にテイク・ザットを脱退しており、通算6作目のアルバムとなる『プログレス』のために2010年に再結成に参加している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ