GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは本来はツアーのために制作したショート・フィルム「ノット・マイ・レスポンシビリティ」を公開している。

ビリー・アイリッシュは今年3月から「ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー」ツアーをスタートさせたが、その直後に新型コロナウイルスの影響でツアーを延期することが発表されている。先日、ツアーについて2020年の残りの日程をすべて延期することも明らかになっている。

今回、ビリー・アイリッシュはツアーで使用されていたショート・フィルム「ノット・マイ・レスポンシビリティ」をYouTubeで公開している。

ショート・フィルムはこちらから。

ショート・フィルムでビリー・アイリッシュは上着を脱いで水の中に入る映像と共に自身の外見を非難する人に向けて語りかけている。

「私が共に生まれてきた身体は、あなたが望むものではないの? 私は気に入っているものを着たら、女性ではないということになる。露出したら、尻軽ということになる。あなたは私の身体を見たことがないのに、今なお判断しようとしている。それで、私を判断しようとしている。なぜなの?」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ