GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975はザ・1975の音楽による「デジタル・デトックス」を行うことのできるヴァーチャル空間「マインドシャワー」をオープンさせている。

“The Birthday Party”の未来的な映像が使用されているマインドシャワーのサイトは一連のインタラクティヴなリソースを使ってファンが「知って、生み出し、公開できる」サイトとなっている。

https://www.mindshower.ai/

中に入ると、長年のバンドのスタッフであるセット・デザインを手掛けるトビアス・ライランダー、プロダクション担当のジョン・ギルモア、写真担当のジョーダン・ヒューズ、デザイナーのサム・バージェス・ジョンソン、スタイリストのパトリシア・ヴィリリロが登場する独占のマガジンを読むことができ、未発表ないしは舞台裏の写真を見ることができる。

マインドシャワーのサイトでは他にも『仮定形に関する注釈』にまつわるものをダウンロードすることができ、自身のリミックスや新作を使ったアート作品を制作することができる。

Amazonとのコラボレーションでサイトでは自身が制作した作品を「マインドシャワー」デジタル・デトックス・スペースにアップすることができ、優勝者のアートワークはロンドンの該当広告やAmazonミュージックでのキャンペーンに使用される。

新しいサイトについてダーティ・ヒットのジェイミー・オーボーンは次のように述べている。「マインドシャワーのサイトでファンにザ・1975の世界のユニークな内側を見せたかったのです。“The Birthday Party”の映像で生まれたものを使って、Amazonミュージックと共にファンがバンドのことを知るだけでなく、情報を使って自身のコンテンツを生み出して公開する体験を生み出したかったのです」

「マインドシャワーのサイトが『仮定形に関する注釈』の制作の内側やそのテーマを見せるだけでなく、作り出したアートや音楽を通してアルバムに対する自身の見解をファンが公開するというのが望んでいることです」

ザ・1975は5月22日に通算4作目となる『仮定形に関する注釈』をリリースする。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ