GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイとフォール・アウト・ボーイ、ウィーザーは新型コロナウイルスの影響でヘラ・メガ・ツアーの北米公演を延期することを正式に発表している。

ヘラ・メガ・ツアーについては6月に開催予定だったヨーロッパ・ツアーが延期となることが先立って発表されていた。

ヘラ・メガ・ツアーはヨーロッパ、北米ともに2021年夏に延期される予定となっている。

今回の声明では次のように述べられている。「驚かないでもらうことを願うけれど、この夏にみんなと会えるのを楽しみにしていたのと同じくらい、みんなの無事が僕らの最も優先することなんだ。なので、来年までヘラ・メガ・ツアーの北米公演の日程を延期することを正式に発表するよ」

この投稿をInstagramで見る

An update on Hella Mega North America

Hella Mega(@hellamegatour)がシェアした投稿 –

「2021年夏の日程を同じ会場でまもなく発表する予定だよ。だから、チケットは持っておいてくれ」

チケット購入者には振替日程の更なる情報やチケットの払い戻し方法などがEメールで送られる。

ヘラ・メガ・ツアーは昨年9月に発表されており、同時に3バンドはいずれも新曲を発表していた。

また、3バンドはツアー発表の際にロサンゼルスのウィスキー・ア・ゴーゴーで貴重なライヴを行っている。

一方、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングは外出制限のなか毎週「ノー・ファン・マンデーズ」と題したカヴァー音源を公開している。

先週のスティーヴ・ベイターの“Not That Way Anymore”に続いて、ビリー・ジョー・アームストロングは今週はエリック・カルメンの“That’s Rock ‘n’ Roll”をカヴァーしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ