PRESS

Photo: PRESS

キース・リチャーズが、ソロ・アルバムから最新シングルのミュージック・ビデオを公開している。

シングル“Long Overdue”は12月11日にリリースされるもので、今年リリースされたソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』に収録されている。アルバムはキース・リチャーズにとって20年以上ぶりのアルバムとなっている。

『クロスアイド・ハート』は、1988年の『トーク・イズ・チープ』、1992年の『メイン・オフェンダー』に続くアルバムとなっている。

“Long Overdue”のミュージック・ビデオはこちらから。

本作についてキース・リチャーズは以下のように語っている。「もう一度(ドラマーの)スティーヴ・ジョーダンや(ギタリストの)ワディ・ワクテルと一緒にやって、新しいレコードを作るのは楽しかったよ。何ができ上がるのか、まったく見当もつかにままスタジオに入るのは、本当に興奮したんだ」

アルバムは昨年12月に亡くなったザ・ローリング・ストーンズのサックス奏者、ボビー・キーズの演奏もフィーチャーされるという。

一方、キース・リチャーズはザ・ローリング・ストーンズが新たなスタジオ・アルバムに来年とりかかると話している。

キース・リチャーズはツアーの日程が終わり次第、バンド・メンバーとレコーディング・スタジオに入ることを熱望していると『エンタテインメント・ウィークリー』誌に語っている。「ストーンズでスタジオに入ろうとしているところなんだ。今年については、正直に言ってどうなるか分からないけどね」

さらにこう語っている。「(来年の)2月と3月で南アフリカの公演を終えたら、4月にはスタジオに入りたいんだ。だけど、他の連中のことも分かってるからね。やつらはツアーを終えたら、なんにもやりたくないだろうな」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ