GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズの現ドラマーであるフランク・フェラーはバンドの曲を叩く難しさについて語っている。

フランク・フェラーはポッドキャスト「アペタイト・フォー・ディストーション」に出演して、ガンズ・アンド・ローゼズの楽曲で演奏するのが一番難しい楽曲を尋ねられている。

「いい質問だね。というのもガンズ・アンド・ローゼズには3つの期があってさ。スティーヴン・アドラーの『アペタイト・フォー・ディストラクション』期、マット・ソーラムの『ユーズ・ユア・イリュージョン』期、そしてブライアン・マンティアとジョシュ・フリースによる『チャイニーズ・デモクラシー』期だよね。それぞれ3つがユニークなんだ。『アペタイト・フォー・ディストラクション』の曲は『ユーズ・ユア・イリュージョン』の曲と違うサウンドなんだ。同じ感じじゃないんだよね。難しいのは……変な言い方だけど、ほぼ全部というか、スティーヴン・アドラーの頃とマット・ソーラムの頃で、ドラマーのグルーヴとしてやろうとしているのは、2人の間に陣取ろうとしているということで、パンクでロックで常軌を逸しながら、マット・ソーラムみたいにソリッドで安定した土台を提供するというね。だから、これはチャレンジングだね。『チャイニーズ・デモクラシー』はもっとストレートで、ブライアン・マンティアのように叩くのは難しかったね。しばらくして自分の感じを付け加えることもできたけど、バンドに参加した時はそうだったね」

彼は次のように続けている。「難しいのは最初の2つの期の間で正しいグルーヴを見つけることだね。特にスラッシュとダフ・マッケイガンがいるわけでさ。彼らの時代であり、彼らが書いた曲だからね。彼らが演奏してて気持ちのいいスポットを見つけることはできるんだけど、あまり考えずに自分が心から気持ちよく演奏したいとも思うからね。だから、2人のドラマーの間なんだよね」

2008年発表の『チャイニーズ・デモクラシー』以来、ニュー・アルバムをリリースしていないガンズ・アンド・ローゼズだが、ダフ・マッケイガンの妻であるスーザン・ホルムス・マッケイガンによれば、新型コロナウイルスのロックダウンの中で新曲に「念入りに取り組んで」いると語っている。

「ガンズ・アンド・ローゼズがキラーな新曲に念入りに取り組んでいたということが言えるわ」と彼女は「アペタイト・フォー・ディストーション」のポッドキャストの出演時に語っている。「多くは言えないんだけど、ちょっとだけ聴いたら壮大だったわ」

「素晴らしいニュースを広めたいんだけど、詳細は言えないの」

先日、スラッシュは10年以上ぶりとなる待望のニュー・アルバムについて音楽業界におけるアルバムのリリースのされ方が変化したためにリリースが遅れていると語っていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ