GETTY

Photo: GETTY

ディーヴォはエナジー・ドームにつけるフェイス・シールドを含む独自の衛生用品を販売することを発表している。

ディーヴォは独特な形をしたカラフルな帽子を着用しており、それを新型コロナウイルスから守るための製品に応用している。

左下にディーヴォのロゴの入ったプラスチック・シールドのついたエナジー・ドーム型帽子を初めとした新たな商品が今回発表されている。「帽子は硬く、付属のフェイス・シールドは透明ですが、あなたが得られるのは見えないものです」とバンドのウェブサイトには書かれている。

「病原菌をブロックするために作られたディーヴォのエナジー・ドーム型衛生ヘッドギアを使えば、飛沫や微粒子から安全です。フェイス・シールドはベルクロで取り外しが可能です。簡単にして安全です」

エナジー・ドーム型帽子とフェイス・シールドは別々での購入も可能となっており、また2種類のマスクも販売されている。

「新型コロナウイルスのパンデミックによってディーヴォは2020年のコンサート・プランが当面なくなりました」とバンドは述べている。「様子を見ていこうと思いますが、コンサートやスポーツ・イベントに対する制限が和らげば、近い将来はマスクが必要になります。そのためにディーヴォは2種類のデザインによるプラスチック製衛生マスクを販売します」

先日、ビリー・アイリッシュやザ・ウィークエンド、アリアナ・グランデは収益をチャリティに寄付する形で、それぞれのマスクを販売している。

これはユニバーサル・ミュージックのマーチャンダイズ部門であるブラヴァドが製作したもので、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取り組み「ウィ・ゴット・ユー・カヴァード」の一環として販売されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ