GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンのデビュー・アルバムのオリジナル・アートワークが来月オークションにかけられ、2万ドルから3万ドルの落札額が見込まれている。

ジョージ・ハーディーがデザインした1969年発表のデビュー・アルバムのアートワークはサム・シェアが撮影したヒンデンブルク号爆発事故の写真が使われている。このアートワークは6月2日から18日にわたってニューヨークのクリスティーズでオークションにかけられる。

クリスティーズの書籍や原稿の専門家であるピーター・クラーネットは米『ローリング・ストーン』誌に「貴重性という点でこれは唯一無二の一品です。これ以上のものはないでしょう」

イギリス人のグラフィック・デザイナー/イラストレーターだったジョージ・ハーディーはロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートに通っている時に写真に加工を施す作品を制作していた。彼の友人だった写真家のスティーヴン・ゴールドブラットは彼をレッド・ツェッペリンに紹介し、ジミー・ペイジがサム・シェアが撮影したヒンデンブルク号爆発事故の写真を使うよう提案したという。

レッド・ツェッペリンはこの作品でジョージ・ハーディーに60ポンドしか支払わなかったと言われているが、後年オリジナルのトレースに「ジョージの家賃への募金」という但し書きがあったことを発見したと言われている。

「アルバム・ジャケットの歴史的重要性は過小評価できないものです」とピーター・クラーネットは説明している。「ポップ・ミュージックの大きな転換点となったレッド・ツェッペリンのデビュー・アルバムにまつわるものなのです。これまでよりも大胆でラウドだったサウンドは何世代にもわたってハード・ロックの形成を決定づけるものでした」

「レイクハースト海軍飛行場で起きたヒンデンブルク号の爆発を使った本作はその歴史的瞬間のモニュメントとなりました。そして、本作は他の多くの作品と違って風化から逃れています。それ自体が独り歩きしているのです」

先日、レッド・ツェッペリンのロバート・プラントは医療用品を製作している会社に寄付をしたことが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ