GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドは2006年のボナルー・フェスティバルの映像が公開されている。

レディオヘッドは新型コロナウイルスによる外出制限を受けて、キャリアの過去のライヴ映像をYouTubeで配信している。

先週は2012年のコーチェラ・フェスティバルの映像を公開していたが、今回は2006年のボナルー・フェスティバルの映像が公開されている。

ライヴ映像はこちらから。

インスタグラムの投稿でジョニー・グリーンウッドはボナルー・フェスティバルの映像に合わせて「オリジナルの宅音源」をトラック・ダウンしたと述べている。

「まさにアメリカで体験した最高のフェスティバルだった」と彼は述べている。「熱や誇り、そしてサザン・ウィスキーの香りが曲と共に浮かんでくることを願うよ。そして、ライヴ・ミュージックに早く戻れることを願っている」

ボナルー・フェスティバルのセットリストは以下の通り。

There There
2 + 2 = 5
15 Step
Weird Fishes/Arpeggi
Exit Music (for a Film)
Kid A
Dollars and Cents
Videotape
No Surprises
Paranoid Android
The Gloaming
The National Anthem
Climbing Up the Walls
Nude
Street Spirit (Fade Out)
The Bends
Myxomatosis
How to Disappear Completely

Encore:
You and Whose Army?
Pyramid Song
Like Spinning Plates
Fake Plastic Trees
Bodysnatchers
Lucky
Idioteque
Karma Police

Encore 2:
House of Cards
Everything in Its Right Place

先月、ギタリストのエド・オブライエンはレディオヘッドとして2021年にツアーを計画していたことを明かしている。しかし、新型コロナウイルスの影響でその計画は保留されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ