GETTY

Photo: GETTY

クラフトワークの結成メンバーであるフローリアン・シュナイダーが亡くなった。享年73歳だった。

フランスのウェブサイト「ウェスト・フランス」はフローリアン・シュナイダーの遺族が訃報を認めたと報じている。

米『ビルボード』誌によれば、クラフトワークの結成メンバーであるラルフ・ヒュッターも訃報を認めており、声明で次のように述べている。「非常に悲しいニュースだが、友人にして何十年もの仲間だったフローリアン・シュナイダーが73歳の誕生日から数日後に短期のガンで亡くなった」

1970年にラルフ・ヒュッターと一緒にクラフトワークを結成したフローリアン・シュナイダーはエレクトロニック・ミュージックの先駆者の1人として知られている。

シンセサイザー、フルート、ヴォコーダー、サックスなどを演奏したフローリアン・シュナイダーは2008年までにメンバーとして在籍したが、ワールド・ツアーを前に理由なくグループを脱退している。

デヴィッド・ボウイが1977年にリリースしたアルバム『ヒーローズ』ではインストゥルメンタル・トラック“V-2 Schneider”で、その名前が使われている。

クラフトワークは今年、結成50周年を記念したツアーを行う予定で、ロンドンで開催されるオール・ポインツ・イースト・フェスティバルではヘッドライナーを務める予定となっていた。

しかし、オール・ポインツ・イースト・フェスティバルは新型コロナウイルスのパンデミックのために中止となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ