PRESS

Photo: PRESS

ゴリラズは亡くなったトニー・アレンに追悼の意を表してトニー・アレンとスケプタが参加した新曲“How Far?”をリリースしている。

トニー・アレンは4月30日にパリで心臓発作で亡くなっている。

トニー・アレンはデーモン・アルバーンの友人にして度々コラボレーションを行ってきており、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン、ロケット・ジュース&ザ・ムーン、アフリカ・エクスプレスにも参加している。

“How Far?”はデーモン・アルバーンとトニー・アレンの最新コラボレーションで、新型コロナウイルスの感染拡大の前にロンドンでレコーディングされたという。「偉大なる人、トニー・アレンの精神に敬意を表してすぐに公開することにしました」とプレス・リリースには書かれている。

“How Far?”の音源はこちらから。

プレス・リリースは次のトニー・アレンの発言で締めくくられている。「若者のことをきのかけたいんだよ。彼らにはメッセージがある。それを自分のビートで届けたかったんだ」

トニー・アレンは1940年にナイジェリアのラゴスで生まれ、ジャズ・ドラマーの演奏に触発されて18歳からドラマーとしての活動を始めている。

60年代から70年代にわたってフェラ・クティと活動を共にしてアフロ・ビートの誕生に深く関わり、80年代以降はデーモン・アルバーン、ジェフ・ミルズ、セオ・パリッシュらとコラボレーションを行ってきた。

今年に入ってもヒュー・マセケラとのコラボレーション・アルバム『リジョイス』を3月にリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ