GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドは2012年のコーチェラ・フェスティバルの映像が公開されている。

これは過去のライヴ映像を配信しているYouTubeシリーズの最新回となっている。

レディオヘッドはブラック・キーズやドクター・ドレー&スヌープ・ドッグと共に2012年のコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーを務めている。

レディオヘッドはこれまで『キッド A』期のダブリンでのライヴや2016年のロラパルーザ・ベルリン、2009年のブエノスアイレス公演の映像を公開しており、「今の状況が和らぐか、映像がなくなるまで」ライヴ映像を公開していくという。

先日、ギタリストのエド・オブライエンは2021年にレディオヘッドとしてのツアーを計画していたものの、新型コロナウイルスのパンデミックで再考しているという。

レディオヘッドは2018年発表の『ア・ムーン・シェイプト・プール』のツアーを終えており、ドラマーのフィル・セルウェイは今年2月に2020年はバンドとして1年間オフになると語っている。

トム・ヨークとエド・オブライエンは2020年にそれぞれソロ・プロジェクトでのライヴを行う予定だったが、キャンセルとなっている。

昨日、トム・ヨークはアメリカのテレビ番組で新曲“Plasticine Figures”を披露している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ