GETTY

Photo: GETTY

ベックは自己隔離が続く中でクリス・ベルの“I Am The Cosmos”のアコースティック・カヴァーを公開している。

新型コロナウイルスによるロックダウンが続く中で多くの大物アーティストが自宅からのパフォーマンスを披露しており、ベックもその1人となっている。

クリス・ベルの死後、1992年にリリースされたアルバムのタイトル・トラックである“I Am The Cosmos”はクリス・ベルが1978年に亡くなる前にレコーディングされたアルバムとなっている。ベックは短縮バージョンでカヴァーを披露している。

公開されたパフォーマンスはこちらから。

ベックは過去にも“I Am The Cosmos”をカヴァーしており、2013年にはウィルコとの共演で披露している。

ベックは5月にWOWOWで放送される『グラミー・トリビュート・ライヴ~プリンス“Let’s Go Crazy”』にも出演している。

『グラミー・トリビュート・ライヴ~プリンス“Let’s Go Crazy”』は1月に収録したもので、フー・ファイターズ、ジョン・レジェンド、メイヴィス・ステイプルズらが参加している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ