Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

フローレンス・アンド・ザ・マシーンは新型コロナウイルスの感染拡大の中で最前線で働く医療従事者への資金を募る新曲を発表している。

フローレンス・アンド・ザ・マシーンは新曲“Light of Love”が2018年発表の『ハイ・アズ・ホープ』に収録される予定だった曲だったが、最終的にアルバムからは外れたことを明かしている。

「“Light of Love”は『ハイ・アズ・ホープ』からの未発表曲で、レコードには入らなかったの。でも、今日の夜にリリースしようと思ったの。ちょっとした愛の印としてね」

“Light of Love”の音源はこちらから。

「この危機の最前線にいる素晴らしい医師や看護師といった医療従事者を支援するインテンシヴ・ケア・ソサエティの認知を上げるためにね。この曲からの全収入をインテンシヴ・ケア・ソサエティに寄付するわ。みんなのことを愛しているし、愛しく思っている。南ロンドンでのロックダウンの中でみんなと共にあるわ」

先月、フローレンス・アンド・ザ・マシーンは自己隔離を行う中で団結を呼びかけて応援する多くの人と詩を作るプロジェクトを行っている。

「コレクティヴ・ポエムに追加したい1行を書いてみて。私がまとめてみるわ」とフローレンス・アンド・ザ・マシーンはファンに向けて呼びかけている。「恐怖や不安、孤独を感じているのだとしたら私から多くの愛を送るわ。私も同じような心境だから。でも、創作はちょっとした癒やしになるはずよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ