GETTY

Photo: GETTY

UKで過去10年間に放送で最もかけられた楽曲のランキングが発表されている。

このランキングはPPLとBBCラジオ2がまとめたもので、2010年代にUKのラジオやテレビで最もかけられた10曲が明らかになっている。

BBCによれば、ファレル・ウィリアムスの“Happy”がトップで、アデルの“Rolling In The Deep”、マルーン5とクリスティーナ・アギレラによる“Moves Like Jagger”が続いている。

トップ10にはダフト・パンクとファレル・ウィリアムスによる“Get Lucky”、ジャスティン・ティンバーレイクの“Can’t Stop The Feeling!”、マーク・ロンソンとブルーノ・マーズによる“Uptown Funk”が入っており、トップ10の最後にはキングス・オブ・レオンの“Sex On Fire”が入っている。

チャートをまとめたピーター・リーザムは次のように語っている。「最もかけられた40曲はこの10年間にわたって常にラジオ・プロデューサーやブロードキャスターがかけてきたサウンドであり、私たち全員に様々な記憶を呼び起こすものになるでしょう」

BBCラジオ2のトップであるジェフ・スミスはランキングについて「時の試練に耐えた世界的に愛されたシンガロングのヒット曲で溢れています」と語っている。

トップ10は以下の通り。

1. Pharrell Williams, ‘Happy’
2. Adele, ‘Rolling In The Deep’
3. Maroon 5 ft. Christina Aguilera, ‘Moves Like Jagger’
4. Daft Punk ft. Pharrell Williams and Nile Rogers, ‘Get Lucky’
5. Justin Timberlake, ‘Can’t Stop The Feeling!’
6. Black Eyed Peas, ‘I Got A Feeling’
7. Mark Ronson ft. Bruno Mars, ‘Uptown Funk’
8. OneRepublic, ‘Counting Stars’
9. CeeLo Green, ‘Forget You’
10. Kings of Leon, ‘Sex On Fire’

昨年12月にはUKにおいて2010年代にトップ・セールスを記録した100曲のランキングが発表されている。

1位になったのはエド・シーランの“Shape of You”で、2017年に14週にわたってチャートの1位を獲得している。エド・シーランはこの他に3曲がトップ10にランクインしている。

エド・シーランに続く2位はマーク・ロンソンとブルーノ・マーズによるヒット曲“Uptown Funk”で、2014年に7週にわたってチャートの1位を獲得している。

他にはドレイクやジャスティン・ビーバー、ファレル・ウィリアムスがトップ10にランクインしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ