GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは外出制限が続く中で1人でいるのも気に入っていると語っている。

ビリー・アイリッシュは新型コロナウイルスによるロックダウンが続く中でロサンゼルスの自宅からテレビ電話を通してテレコム・エレクトロニック・ビーツによるポッドキャストのインタヴューを受けている。

外出制限についてビリー・アイリッシュは次のように語っている。「1人でいるのを楽しんでいるわ。インターネットではみんな1日中、友達とフェイスタイムをしているみたいだけどね」

彼女は次のように続けている。「私も友達が大好きだし、会うのが待ちきれないし、すごく恋しいけど、同時に私はこれもいいと思っている。1人なのもいいよね。1人でいるのが好きなの」

同じインタヴューの中でビリー・アイリッシュはこれまでのキャリアにおける最善の判断について振り返っている。

「おそらくミュージック・ビデオでも自身のアイディアや原案にこだわって、アートワークでも自身のアイディアにこだわっていることかな」と彼女は語っている。「あともう一つは、よく分からない連中なしに兄と音楽を作り続けていることだと思う。これについてはいいことしかないわ。素晴らしい状態がそれによって終わるようなことはないと思う」

ビリー・アイリッシュはレディーガガの呼びかけによる新型コロナウイルスのための慈善コンサート「ワン・ワールド:トゥギャザー・アット・ホーム」に出演することが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ