GETTY

Photo: GETTY

パラモアのヘイリー・ウィリアムスはフィービー・ブリジャーズの楽曲“Smoke Signals”をカヴァーしている。

来月、ペタルズ・フォー・アーマーの第2作をリリースする予定となっているヘイリー・ウィリアムスは自己隔離が続くなか、アコースティックのパフォーマンス映像をインスタグラムに投稿している。

ヘイリー・ウィリアムスは“Smoke Signals”を「完璧な曲」と評しており、「美しいギターのパートを台無しにしてしまった」ことに謝罪している。

映像に添えられたキャプションでは最近、父親を失った友人のリンジーへの「セレナーデ」と述べており、「彼女のお気に入りの1人がフィービー・ブリジャーズだった」としている。

現在のところは「彼女と一緒にいることも、強くハグすることも」できないとして、ヘイリー・ウィリアムスはフォロワーに友人の様子を気にかけて、「愛を送る」よう促している。

「今、自己隔離しているからといって親密じゃないというわけではない」と彼女は続けている。「私のお互いの繋がりは空間や時間を超えるものなのよ」

ヘイリー・ウィリアムスは最新シングル“Over Yet”のエクササイズ・ビデオも公開している。

エクササイズ・ビデオはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ