Steve Gullick

Photo: Steve Gullick

アイスエイジは新型コロナウイルスによる外出制限を受けて新曲“Lockdown Blues”の音源を公開している。

この曲のバンドキャンプでの収益は国境なき医師団に寄付されることが決定している。

“Lockdown Blues”の音源はこちらから。

楽曲の発表に際してアイスエイジはインスタグラムで次のように述べている。「知っての通り、人の集まりや国境、学校、生活などが封鎖されているのを受けて書かれた“Lockdown Blues”は新型コロナウイルスによって問題を抱えているこの新たな現実に言及しようとしたものなんだ。今は物理的な接触は避けていることを伝え、逆境に直面するなか、元気にするようなことに貢献しなければならないと思ったんだ。バンドキャンプからの収益はすべて、最も助けを必要としているところに手を差し伸べようと最善を尽くしている国境なき医師団に寄付されるよ」

アイスエイジは今年の1月から2月にかけてヨーロッパ・ツアーを行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ