GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョン・フルシアンテは新たなソロ・プロジェクト『ルック・ダウン、シー・アス』をリリースしている。

10年以上ぶりにレッド・ホット・チリ・ペッパーズに再加入したジョン・フルシアンテはトリックフィンガー名義で4曲のアシッド・ハウスをリリースしている。

4曲は“Look Down, See Us”、“GR 8”、“Meaning To”、“Cymm Trace”というタイトルで、「コンシークエンス・オブ・サウンド」によれば、今年リリースされる3部作の第1作だという。

6月3日には『シー・スマイルズ・ビコーズ・シー・プレスズ・ザ・ボタン』がリリースされ、タイトルの決まってない3作目はその後にリリースされる。

3部作はいずれもジョン・フルシアンテが交際相手のマルシア・ピナと設立したエヴァー・レコーズよりリリースされる。

レーベルのバンドキャンプのページによれば、エヴァー・レコーズは「脳と身体のための音楽によるジャンルを否定する束の間のハイブリッドな音楽空間を標榜する実験的なエレクトロニック・レーベル」と評されている。

昨年12月、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは脱退から10年を経てジョン・フルシアンテがジョシュ・クリングホッファーに代わってバンドに復帰することが発表されている。

今年2月にはジョン・フルシアンテと12年ぶりに一緒に演奏したレッド・ホット・チリ・ペッパーズの映像がオンラインで公開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ