GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパはニュー・アルバム『フューチャー・ノスタルジア』のリリースを前倒しにした判断について語っている。

ニュー・アルバム『フューチャー・ノスタルジア』は4月3日にリリースされる予定だったが、オンラインでのリークを受けて3月27日にリリースされている。

こうしたリリースをめぐる状況について「厄介」だと評していたデュア・リパだが、新型コロナウイルスをめぐる状況の中で早くリリースすることでファンに「楽しさ」を与えられたらと語っている。

「外の世界のプレッシャーや意見、不安なんかから離れたところで、このアルバムは作ったの」と彼女はBBCに語っている。

「クラブやフェスティバルで聴いてもらうように作ったんだけど、同時にこういう時に人々に楽しさを与えたかった。何が起きているかを考える必要もなく、遮断して、ダンスしてもらいたかったの」

「そういうこともあって、後に出すよりも今出すことにしたの」

アルバムのタイトルは2018年にラスベガスを歩いている時に思いついたという。

「既にアルバムに取り組み始めていたんだけど、子供の頃の影響を振り返りたいということが分かっていたの。でも、そんな方向性を取ればいいかは分かっていなかった」

「ヘッドフォンを着けて頭をクリアにするために外に出た。その時に『フューチャー・ノスタルジア』っていいなと思ったのよ」

デュア・リパは次のように続けている。「最初はピッタリすぎて、分かりやすすぎるかと心配だった。でも、ホテルに戻る頃には頭の中で固まっていたわ。マネージャーに『アルバム・タイトルができたわ。今から遡っていく形で取り組んでいくわ』ってメールを打ったの」

デュア・リパは『フューチャー・ノスタルジア』のツアーを2021年に延期している。

当初は2020年5月からツアーはスタートする予定だったが、2021年1月に延期されている。

『NME』はアルバムについて5つ星のレヴューで、「たとえ一時だとしても、不安をダンスで蹴散らしてくれるポップの女王による輝かしくも勇敢な楽曲のコレクション」と結論付けている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ