GETTY

Photo: GETTY

アリシア・キーズは19歳の時にフォトグラファーによって「操られ」て「性的な対象」とされたと述べている。

アリシア・キーズは新たな書籍『モア・マイセルフ』で2001年発表の『ソングス・イン・A・マイナー』のリリースを控えている時にある雑誌の写真撮影で体験したことを明かしている。

名前の明かされていないフォトグラファーは彼女と2人きりで撮影を行うよう説得し、シャツを開けてジーンズを下げるよう要求してきたという。

「私の気持ちは間違っていると叫んでいた。これは下品だってね」とアリシア・キーズは述べている。「でも、私の抵抗は喉の奥で詰まって、出すことができなかった。私は不安を飲み込んでデニムと肌の間に親指を入れて、従った」

彼女は次のように続けている。「これが私が肌を見せてこなかった理由よ。私は自分の思いで、自分の目的で、今後もやることにする。操られたように感じたし、性的な対象にされたように感じたの」

数カ月後に出た最終的な雑誌の表紙を見てマネージャーは愕然としていたと説明している。その写真に「恥ずかしさ」を感じ、それが自分だと思えなかったとしている。

「なんでフォトグラファーが私のチームを外に出したのか、今は理解できる」とアリシア・キーズは述べている。「19歳の少女は歳をとったマネージャーたちより言いなりになりやすいからよね」

「2度と誰にも権力を奪わせないと誓ったわ。これはいまだに守り続けている約束よ」

アリシア・キーズの新刊『モア・マイセルフ』は3月31日に発売されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ