Andreas Neumann

Photo: Andreas Neumann

フー・ファイターズは新型コロナウイルスの影響を受けて延期していた25周年ツアーの新たな日程を発表している。

フー・ファイターズは1995年に行った初めてのアメリカ・ツアーと同じ都市を回るツアーを行うことを発表していた。

ザ・ヴァン・ツアーと題されたこのツアーは「随分昔にダッジ・ヴァンでデイヴ・グロールとネイト・メンデル、パット・スメアが回ったのと同じ都市をいくつか回る」と説明されている。

先日、新型コロナウイルスが収束するまでツアーが延期することは発表されている。その時に一部の日程は振替日程が発表されていたが、今回全日程の振替日程が発表されている。

「更なる情報は安全な家からフー・ファイターズのサイトをチェックし続けてくれ。戻ったら、みんなの1人1人とロックしたいよ」とポスターには記されている。

ツアーの延期を発表する際、デイヴ・グロールは以下のメッセージを寄せている。「やあ、デイヴだよ。覚えているかな? ステージから落ちて足を骨折しても公演を延期しなかった奴なんだけどさ。折れた足にギブスをしてパフォーマンスするのも一つだけど、みんなの健康と安全が危険にさらされるなか、パフォーマンスをするのは別だ」

「みんなのことは大好きだから、正しいことをして、またの機会に。アルバムは完成したよ。すごくキラーなんだ。照明とステージはトラックに積んであって、準備はできている。次に行く許可が出た時はいつも通り、楽しむつもりだからね。約束するよ」

デイヴ・グロールは次のように続けている。「今は手を洗おう。デイヴ」

デイヴ・グロールは先日、フー・ファイターズのニュー・アルバムが完成したことを明かしていた。

「アルバムの制作が終わったところなんだ。そこには45分でできた最高の1曲もあれば、アルバムには25年間取り組んできたリフなんかもあるんだ。シアトルの地下室で初めてデモを作った頃のものなんだよね」

デイヴ・グロールは以前、2017年リリースの『コンクリート・アンド・ゴールド』に次ぐ新作について、「かなり風変わりな」作品になると語っていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ