GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはニルヴァーナの栄光がフー・ファイターズに導くこととなったと語っている。

1994年にカート・コバーンが亡くなってニルヴァーナが解散した後の1995年にデイヴ・グロールはフー・ファイターズを始動させている。

デイヴ・グロールはニルヴァーナのファンからの批判を気にしたことはなく、代わりにそうしたフラストレーションをモチヴェーションに変えていったと語っている。

「みんな、『再びバンドをやるというのは何事だ。お前の音楽なんてよくないわけでさ。ニルヴァーナはリアルなバンドだったけど、お前は違う』と言っていたわけでね」とデイヴ・グロールは説明している。「俺としては『それで俺が止めるとでも思ったのか? 俺にやりたくさせるだけだよ。だから、言ってたいなら、言っていればいい。俺としては気にしないね』という感じだったね」

フー・ファイターズは今年通算10作目となる新作のリリースが控えているが、ニルヴァーナは常にフー・ファイターズにとって「強み」となってきたと語っている。

「恐れずに言えるけど、ニルヴァーナじゃなかったら、フー・ファイターズは今いる同じポジションにいなかっただろうね」と彼は『モジョ』誌に語っている。「そのおかげでバンドに興味を持ってもらえたわけで、最初から強みとなったよね」

デイヴ・グロールは先日、フー・ファイターズのニュー・アルバムが完成したことを明かしている。

「アルバムの制作が終わったところなんだ。そこには45分でできた最高の1曲もあれば、アルバムには25年間取り組んできたリフなんかもあるんだ。シアトルの地下室で初めてデモを作った頃のものなんだよね」

デイヴ・グロールは以前、2017年リリースの『コンクリート・アンド・ゴールド』に次ぐ新作について、「かなり風変わりな」作品になると語っていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ