GETTY

Photo: GETTY

ジャミロクワイは新型コロナウイルスによる外出制限を受けてデヴィッド・ボウイの“Let’s Dance”を「ロックダウン」と言い換えたカヴァーを披露している。

ジャミロクワイはナイル・ロジャースがプロデュースを手掛けた80年代の名曲のカヴァーをインスタグラムに投稿しており、「あと、たった3ヶ月だよ」とキャプションに添えている。

「Lockdown, put on your face mask and watch TV/ Lockdown, to the sound of the kids all screaming at me(ロックダウン、マスクを着けてテレビを観て/ロックダウン、僕に向かって叫ぶすべての子供たちの声に)」とジャミロクワイは歌っている。「Lockdown, trying to avoid the COVID-19/ Lockdown, I’ve got a headache, a serious headache(ロックダウン、新型コロナウイルスを避けているところ/頭痛がするよ、ひどい頭痛がね)」

先日、ニルヴァーナも新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、必要のない外出を控えるように訴える替え歌の“Stay Away”が登場している。

また、R.E.M.のマイケル・スタイプは新型コロナウイルスへの対策を呼びかける動画でR.E.M.のヒット曲“It’s The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)”を少しだけ歌う動画が公開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ