PRESS

Photo: PRESS

ナッシング・バット・シーヴスは最新シングル“Is Everybody Going Crazy?”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Is Everybody Going Crazy?”はナッシング・バット・シーヴスにとって2018年発表のEP『ホワット・ディド・ユー・シンク・ホウェン・ユー・メイド・ミー・ディス・ウェイ?』以来の新曲となっている。

“Is Everybody Going Crazy?”のミュージック・ビデオはこちらから。

ナッシング・バット・シーヴスは“Is Everybody Going Crazy?”について新型コロナウイルスを巡る状況を引き合いに出しながら、「奇妙なことに時が過ぎたことで曲を書いたことがより今日的な意味を帯びることがあるんだ」と述べている。

「ヴァースには何かと静寂な淋しさがある。曲に出てくるキャラクターは、自分の周りの世界が理解できず、そこに存在する人たちと共感ができない。かつては自分が従うべき原理やモラルだと思っていたものが、もう当てはまらなくなってきている。でも他の人たちはその狂気を楽しんでいるように見える。そんな場所では、何かすがりつけるものが必要だと気付くんだ、例えばアンカーのように。曲には、現実逃避の要素が幾つかあるんだー誰か人を介してだったり、一回スイッチを切って、メンタリティーを変える時間を作ることだったりね」

ナッシング・バット・シーヴスは3月から4月にかけてウクライナ、ロシアでツアーを行う予定となっていたが、新型コロナウイルスの影響で延期されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ