GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは新たなライヴ・アルバムのアナログ盤が新型コロナウイルス感染拡大の影響でリリースが延期することが発表されている。

リアム・ギャラガーは4月24日にライヴ・アルバム『MTVアンプラグド(ライヴ・アット・ハル・シティ・ホール)』をリリースする予定だったが、アナログ盤のプレスが遅れることが明らかになっている。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「みんな、聞いてくれ。封鎖の影響で俺のMTVアンプラグドのアナログ盤が4月24日に間に合わないんだ。製造元が再開し次第、新しいリリース日を調整するよ。情報は更新していくから、手を洗って、先まで洗って、けつも拭いて、鼻もきれいにしてくれ」

2019年に収録されたパフォーマンスではリアム・ギャラガーのソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』や次作の『ホワイ・ミー?ホワイ・ノット』からの楽曲に加え、オアシスの名曲“Some Might Say”、“Stand By Me”、“Cast No Shadow”を演奏している。また、リアム・ギャラガーが初めて歌を披露した『ディフィニトリー・メイビー』のボーナストラック“Sad Song”も収録されており、ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズがギターで参加している。

リアム・ギャラガーは本作について次のように述べている。「MTVアンプラグドという場所でパフォーマンスできたことを名誉に感じる。観客も盛り上がったし、俺たちのサウンドも素晴らしかったから最高の経験になったのは間違いない。このレコードもエンジョイしてくれ」

一方、リアム・ギャラガーは新型コロナウイルスの感染拡大が収束したらオアシスを再結成させようとノエル・ギャラガーを誘う努力を続けている。

リアム・ギャラガーはツイッターでオアシスを再結成させるために「懇願したり、ねだったりするのはうんざり」だとした上で、国民医療制度であるNHSのための資金を募るためにノエル・ギャラガーが再結成に同意することを要求している。

リアム・ギャラガーが新型コロナウイルスの感染拡大収束の暁にオアシスを再結成させたいと語るのは2度目となっていて、先日も「真面目に聞いてくれ。多くの人が俺をバカだと思っているけど、俺は見た目のいいバカなんだ。でも、一度片をつけて、チャリティのために1公演だけオアシスを再結成させる必要があるんだ。なあ、ノエル。それで俺たちは素晴らしいソロ・キャリアに戻ればいい」とツイートしていた。

ツイッターでリアム・ギャラガーはオアシスの名曲をもじって“Wonderwash”、“Soapersonic”、“Champagne Soapernova”と題してファンに手洗いの仕方を教える3つの動画も公開している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ