Shawn Brackbill / Press

Photo: Shawn Brackbill / Press

ブライト・アイズは2011年以来となる新曲“Persona Non Grata”を公開している。

コナー・オバースト率いるブライト・アイズは今年2月に世界3都市でライヴを行うことを発表して、再結成することを明らかにしている。

今回、ブライト・アイズは9年ぶりとなる新曲“Persona Non Grata”を発表している。

楽曲と同時にブライト・アイズはメッセージも公開しており、ファンに向けて「寂しく怖く孤立したように感じているすべての人に愛と結束を送る」と述べている。「多くの他の人たちと同じように、僕らも2020年にたくさんのことを計画しているんだ」

「たとえ何があろうと今年、ニュー・アルバムをリリースするよ。ツアーも多くの計画があって、今見直しているところなんだ。みんなには進捗を伝えていくよ。僕らはすごくツアーに出たいと思っていて、できるだけ早く直接会いたいと思っているんだ」

“Persona Non Grata”については「始めるにあたっていい場所と思えた」と述べており、「バグパイプも入っているんだけど、僕らにとっては初めてなんだ」としている。

ブライト・アイズは現時点で9月のエンド・オブ・ザ・ロード・フェスティバルでヘッドライナーを務める予定となっている。エンド・オブ・ザ・ロード・フェスティバルは現時点で開催する予定となっており、主催者は「状況を注視している」と述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ