GETTY

Photo: GETTY

ロックの殿堂は延期された2020年の殿堂入り式典の新たな日程が発表されている。

殿堂入り式典は5月2日に開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されている。

今回、式典はクリーヴランドのパブリック・オーディトリアムで11月7日に開催されることが発表されている。式典はHBOで放送されることが決定している。

今年はホイットニー・ヒューストン、ザ・ノトーリアスB.I.G.、ナイン・インチ・ネイルズ、デペッシュ・モード、T. レックス、ドゥービー・ブラザーズが殿堂入りを果たす予定となっている。今年で35年目となるロックの殿堂だが、プロデューサーでベテラン・ロック・ジャーナリストのジョン・ランドウも殿堂入りを果たすことが決定している。

存命の殿堂入りアーティストは全員が出席する予定で、亡くなっているアーティストは遺族や有名アーティストが代わりに出席する。

ロックの殿堂は初めての商業リリースから25年が経過していることが殿堂入りの条件となっている。

昨年はレディオヘッドやジャネット・ジャクソン、ザ・キュアーらが殿堂入りを果たしており、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやクラフトワークらは選ばれていない。

音楽業界では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くのイベントやコンサート、フェスティバルが延期・中止されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ