GETTY

Photo: GETTY

新たな調査結果によれば、新型コロナウイルスの直接の影響でUKのミュージシャンは既に1390万ポンド(約17億9300万円)の損害を受けていると試算されている。

32000人以上の会員がいるミュージシャンズ・ユニオンは4100人を対象に調査を行い、回答者のうちの90%が既にその収入に影響が出ていることが明らかになっている。

ミュージシャンズ・ユニオンの事務局長のホラス・トゥルーブリッジは『ガーディアン』紙に仕事を失ったミュージシャンに200ポンド(約26000円)の助成金を交付する新たな労務基金の概要を述べている。

彼は次のように説明している。「この手当で会員にとって少額でも救済になればと思っています。ですが、政府には直ちに幅広い支援を行うことを明確にしてもらわなければなりません。レコード会社にも加わってもらうよう呼びかけています」

先週、ミュージシャンズ・ユニオン、プロスペクト、エクイティ、ナショナル・ユニオン・オブ・ジャーナリスト、ライターズ・ギルド・オブ・グレート・ブリテンで構成されるエンタテインメント・ユニオン連盟は政府に「新型コロナウイルスの感染拡大の期間中、フリーランスや自営業者に収入補償を導入」するよう呼びかけている。

会場側の連盟であるミュージック・ヴェニュー・トラストも政府に対して、2022年に1億2000万ポンドの予算で開催が予定されているフェスティバル・オブ・ブレグジットを中止し、新型コロナウイルスの危機が続く中、地元の会場を守るための基金にすべきだと呼びかけている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ