PRESS

Photo: PRESS

カー・シート・ヘッドレストは来たるニュー・アルバムより2曲目となる楽曲“Martin”が公開されている。

先月、カー・シート・ヘッドレストは5月1日にマタドールよりリリースされるニュー・アルバム『メイキング・ア・ドア・レス・オープン』の詳細を発表しており、“Can’t Cool Me Down”を公開していた。

“Martin”のリリック・ビデオはガスマスクを被ったウィル・トレドが洗い物をするものとなっている。

“Martin”のリリック・ビデオはこちらから。

新作『メイキング・ア・ドア・レス・オープン』はカー・シート・ヘッドレストのドラマーであるアンドリュー・カッツとフロントマンのウィル・トレドによるエレクトロニックな別プロジェクト、ワン・トレイト・デンジャーとカー・シート・ヘッドレストの「コラボレーション」と説明されている。バンドは2度アルバムをレコーディングしたとのことで、ギターやドラム、ベースといった生音で録った後、シンセサイザーを使ったMIDI環境でもレコーディングしたとされている。

「前のアルバムとは違うものを作りたくて、それをどうやるか見極めようと格闘していたんだ」とウィル・トレドは新作について声明の中で語っている。

「分かったのは僕の音楽の聴き方が変わったために音楽の書き方も変えなければいけないということだった。アルバムを聴かなくなって、より曲単体を聴くようになった。ありとあらゆる曲を聴いて、数日ごとに特別なエナジーを持っているような曲を見つけるんだ」

「特別なエナジーを持った曲だけでできたアルバムを自分が作るとしたら、それぞれがヴィジョンとしてユニークで違うものにして、それだったらいいものになると思ったんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ