GETTY

Photo: GETTY

ハイムは新型コロナウイルスの感染拡大を受けてサード・アルバムのリリースを延期している。

ハイムはアルバム『ウィメン・イン・ミュージック・パートIII』を4月24日にリリースする予定となっていた。アルバムにはこれまでリリースされてきた“Summer Girl”、“Hallelujah”、“Now I’m In It”、“The Steps”といった楽曲が収録される。

ソーシャル・メディアでハイムはアルバムが「今夏」にリリースされることを発表している。しかし、それまでに「いくつかの新曲」を公開することをバンドはファンに約束している。

「私たちは隔離をとって11日目なんだけど、それでたくさんの考える時間が与えられたの」と声明には書かれている。「毎日、何時間かアルバムやそれをみんなにどう届けたいかについて語ってきた」

ハイムは続けて新型コロナウイルスの影響を受けて「延期することが最善だと決断した」と説明しており、「簡単な決断ではなかった」と述べている。

「みんなのために私たちが考えていたすべてのスケジュールを組み直すのが待ちきれないし、100%安全になってツアーで会えるのが待ちきれないわ」

ハイムは新型コロナウイルスの影響で全米で予定していたデリを回るツアーも延期されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ