GETTY

Photo: GETTY

ロビー・ウィリアムスはインスタグラムで披露したカラオケ・セッションでオアシスの名曲“Wonderwall”をカヴァーしている。

世界各地で新型コロナウイルスのパンデミックが続くなか、ロビー・ウィリアムスは元気づけるために90分のカラオケ・セッションを行っており、自身のヒット曲やカヴァーを披露している。

セッションの映像の中でロビー・ウィリアムスは“Wonderwall”をバックにかけながら歌っている。

ロビー・ウィリアムスはオアシスをカヴァーしたものの、リアム・ギャラガーと犬猿の仲であることで知られている。

昨年、ロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーに対する敬意を示しながらも「いじめっ子」の元オアシスのフロントマンと勝負したいと語っている。

「敬意はあるけどね。彼は時代の声となった人だし、最後の絶滅危惧種だしさ。最近のポップ・スターはあまりにも退屈だろ」と彼は語っている。

「でも、まだ彼とは勝負したいよ。彼は俺にとって学校のいじめっ子の象徴なんだ。そういういじめっ子はやっつけたいからね」

一方、リアム・ギャラガーは新型コロナウイルスのパンデミックが続くなか、手洗いの仕方を指南する“Wonderwall”や“Supersonic”、“Champagne Supernova”といったオアシスの名曲の動画を公開している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ