PRESS

Photo: PRESS

エリー・ゴールディングは最新シングル“Worry About Me”のライヴ映像が公開されている。

2018年以降、“Sixteen”、“Close To Me”、ジュース・ワールドと共演した“Hate Me”、Amazon Music限定で配信されたジョニ・ミッチェルのカヴァー曲“River”と、コンスタントに新曲を発表してきたエリー・ゴールディングにとって2020年最初の楽曲となるこの曲は6月5日にリリース予定というオリジナル新作アルバムへ向けてのリード・トラックとなっている。

“Worry About Me”のライヴ映像はこちらから。

エリー・ゴールディングは“Worry About Me”について次のように語っている。「この曲は、昔彼氏が都合よい時だけ私を必要としてた頃のことを想い出して書いた曲なの。彼のことを乗り越えようとしてた頃のね。でも、意図的な皮肉なんだけど、全然苦しい思いはなくて、むしろユーモラスな感じだった。ロサンゼルスの太陽の光の中で曲を書いたんだけど、ニューヨークで暗い曲を書いてたところだったからとてもリフレッシュできたわ」

ブラックベアーは次のように続けている。「僕にとってエリーは“イギリスを代表する声”なんだ。アーティストとしても人間としても特別な存在。この曲くらいのテンポでヒップホップ的サウンド・プロダクションの曲でのエリーはホントに素晴らしい」

“Worry About Me”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ