GETTY

Photo: GETTY

アデルは現在ワンリパブリックのライアン・テダーと新曲に取り組んでおり、ライアン・テダーは多くは語れないが素晴らしい出来になっているとの考えを明かしている。

ライアン・テダーは『ザ・サン』紙に次のように語っている。「アデルの新曲のことは完全に黙っておくことにしているんだ。言えるのはただ、今までより良いってことだね」

一方、情報筋は『ピープル』誌に対してアデルがサイモン・コネッキーとの破局から立ち直って「生きている」実感を得ており、新作をリリースする用意ができていると語っている。

情報筋は昨年9月に次のように語っている。「彼女は間違い無く、精神的にも肉体的にも新曲を売り出す準備が整っています。今年(2019年)中にできるかもしれませんね。昨年(2018年)はとても大変な年だったと彼女は話していますが、過去には曲作りはセラピーのようなものだとも言っていました。ファンと分かち合う用意はできていると言って良いでしょう。彼女はとても忙しいのですが、生活は以前よりも好転しています。アーティストであることにとても満足しているんです。新曲を出すことは彼女にとって今も大事なことで、自分が生きていることや幸せを実感していますよ」

また同じく昨年9月、関係者は『ザ・サン』紙にアデルが自身の離婚についてアップビートな曲を書こうとしていると語っている。

関係者は次のように語っている。「その曲はアップビートで元夫のサイモンとの関係についての歌なんです。でも楽観的な曲で、良かった頃を振り返りながら、あの頃から前に進んで、自分で新しい思い出を作れるようになったことを歌っています」

「自分の気持ちを音楽に昇華することは彼女にとってカタルシスなんです。ファンはアルバムから彼女のパーソナルな部分を知ることができます。すべて順調に進めば、(2019年の)11月には発表されるはずですが、彼女は今も色々取り組んでいるところです」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ