GETTY

Photo: GETTY

R.E.M.は世界的な新形コロナウイルスの感染拡大を受けて“It’s the End of the World as We Know It (And I Feel Fine)”が再びチャートに入っている。

1987年にリリースされた“It’s the End of the World as We Know It (And I Feel Fine)”は世界を変える危険や出来事への不安をマイケル・スタイプが表明するものとなっている。曲の中で彼はハリケーンや地震、低空飛行機といったものに言及している。

「It’s the end of the world as we know it, and I feel fine(御存知のように世界の終わりだけど、僕は平気さ)」とマイケル・スタイプは曲の中で繰り返している。

「チャート・データ」によれば、新形コロナウイルスの状況が悪化するなか、3月13日にアメリカのiTunesチャートで100位以内に入ったという。

新形コロナウイルスについてはWHOによってパンデミックであることが宣言されている。

新形コロナウイルスをめぐってはBBCラジオ1のビッグ・ウィークエンド、コーチェラ・フェスティバル、スノーボミングが中止となることが発表されている。

イギリスでも新形コロナウイルスをめぐって公共の場で人が集まることの禁止されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ