Dean Chalkley/NME

Photo: Dean Chalkley/NME

ジャスティン・ビーバーが最新作『パーパス』に収録されている全曲のミュージック・ビデオを公開している。今回公開されたミュージック・ビデオには、既にビデオが公開されている楽曲の二つの別バージョンも含まれている。

米『ビルボード』誌によれば、11月13日にロサンゼルスのステイプル・センターで行われたライヴで、ビデオを繋ぎ合わせた長編映像を初公開しており、その後、1時間ごとの間を空けて、各楽曲の新たな映像を公開している。

『NME』のカヴァー・ストーリーで、ジャスティン・ビーバーはカニエ・ウェストとの共作について次のように語っている。「音楽業界で僕が真剣に向き合っているクリエイティブな人の中でも、心惹かれる人物だよ」

「彼のアドバイスはいつも、『嫌いになるわけがない良い音楽を作ること』に終始していたね」

ジャスティン・ビーバーは、名声が持つ孤独という側面についても語っている。「僕だって人間なんだと分かってほしいだけ。毎日を生き抜くだけでも苦労の連続さ。他の人もそうなんじゃないかな」

「ツアー中に寂しくなったりもする。みんなは華やかで素敵な面を見るけど、裏側は知らないだろ。こういう人生には心をズタズタにされることだってあるんだ」

アルバム『パーパス』からのビデオはこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ